メイン画像

高分子説100年記念シンポジウム 2020年3月12日

1920年に化学結合でつながった巨大な分子が存在することがドイツの化学者Staudinger
によって提唱され、2020年は、高分子説の発見から100年となる記念すべき年となります。

重要:《高分子説100年記念シンポジウム(3月12日)開催中止のお知らせ》
 2020年3月12日の開催予定の「高分子説100年記念シンポジウム」は、新型コロナウイルス感染症への対応のため、中止または延期とすることを決定いたしました。ご参加を予定していただいた皆様には大変なご迷惑をおかけする事となりますが、高分子学会としても、感染の広がりなどを踏まえ、開催は行わないことを決定したことに、何卒ご理解のほどお願いいたします。なお、ご参加登録いただきました皆様には、あらためてメールにてご連絡いたします。


 1920年に化学結合でつながった巨大な分子が存在することがドイツの化学者Staudingerによって提唱され、重合(polymerization)や高分子(macromolecules)の概念が確立しました。この発見は1953年にノーベル化学賞に輝きました。その後、20世紀には合成高 分子が産業的に大きな発展を遂げたことは驚くべきことです。 今では、高分子材料は現在の生活において欠かすことができない要素であり、高分子が ない社会は想像すらできません。わが国は高分子の発見の初期から、産業と科学において世界をリードする国でした。特に先端技術をささえる機能性高分子の分野で世界のトップの位置にいます。2020年は、高分子説の発見から100年となる記念すべき年であることから、 これまでの高分子科学と産業の発展を祝い今後のさらなる飛躍を探る記念シンポジウムを開催いたします。

一般寄附のお願い

会員および関係者の皆様にご支援をお願いしております。

詳細を確認する

特定商取引法に基づく表示



協賛(プラチナ)


協賛(ゴールド)


協賛(シルバー)

Copyright(c) 2019 SPSJ. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com