申込受付を終了いたしました。(行事一覧へ)
18-1NMR研究会
溶液NMRの実用
趣旨  私達の身の回りには、食品や医薬品、医療材料や工業材料など多くの分野において高分子が使用されており、近年、さらに様々な機能を付与した高分子が開発され活用されています。機能を付与するためには、高分子の精密設計やコンポジット化などの様々な方法がありますが、さらなる高機能を実現するためには、より精密に制御した高分子を作製する必要があります。溶液NMRは、高分子の一次構造を詳細に把握することができる優れた手段の1つです。今回の18-1研究会では、一次構造を詳細に把握するための新規溶液NMR手法を開発されている先生方や、溶液NMRの手法を用いて一次構造を詳細に把握することで、それを材料開発に活用されている先生方にご講演いただきます。普段、溶液NMRを活用している方もそうでない方も多数お集まりいただき、溶液NMR法がどのように飛躍してきているのか、活発な討論を行いたいと思います。
あわせて、今年もポスター発表の機会を設けました。主題に関連する分野以外にも様々な分野から、また、完成された研究内容だけではなく研究途中の成果であっても活発な議論が湧き起こる興味深い内容のポスター発表を募集します。本研究会での討論や交流を通して、皆様の研究がさらに発展することを期待しております。奮ってご参加ください。
主催 高分子学会 NMR研究会 共催 :理化学研究所
協賛 (予定)日本化学会 日本核磁気共鳴学会 日本分析化学会 日本ゴム協会
開催日 2018年05月09日 10:00〜17:30
開催場所 理化学研究所・横浜キャンパス 交流棟ホール1階
横浜市鶴見区末広町1-7-22

交通 JR・京急鶴見駅 東口バスターミナル8番乗降口より川崎鶴見臨港バス(鶴08系統) 「ふれーゆ」行き「理研・市大大学院前」下車 徒歩1分または、JR鶴見線鶴見小野駅下車 徒歩15分
プログラム 10:00〜11:00 1.スカンジウム触媒を用いたポリマー合成生成物のNMR 解析
(理化学研究所)越野 広雪

11:00〜12:40 2.ポスター発表
13:40〜14:40 3.高分子の構造解析とPure Shift NMRの活用
(ブルカージャパン)平野 桐子

14:40〜15:40 4.NMRによる含フッ素高分子材料の構造解析
(AGC旭硝子)本間 脩

15:50〜16:20 5.リン系誘導体化試薬による樹脂中の水酸基、カルボン酸基分析の検討
(DIC)仲村 仁浩

16:20〜17:20 6.溶液NMRによるらせん状置換ポリアセチレンのバネ様伸縮とシーケンス
(室蘭工大院工)馬渡 康輝

17:20〜17:30 ポスター賞表彰式

ポスタープログラム
1)LCを併用したNMRによるグリシジルアミン合成中間体の詳細構造解析
(DIC)○平林宏一・仲村仁浩・牧博志
2)ゴムNMR法により解析されたクロロプレンゴムの構造
(長岡技科大院)○太田翔也・河原成元,(東ソー)永谷直人・齋藤俊裕
3)Multiple WET-NMR法による天然ゴムの構造解析
(東洋ゴム工業)○宇川仁太,(理研)大内宗城・林文晶
4)多核固体NMRによるコーヒー豆細胞壁の構造解析
(横国大理工)○金井典子・吉原直希・川村出
5)ブロック性を制御された機能性高分子のパルスNMRを用いた構造解析
(積水化学)○M前奈未・日下康成,(徳島大院理工)妹尾美咲・平野朋広・右手浩一
6)核磁気緩和時間測定による溶液及びゲルにおけるポリロタキサンのダイナミクス解析
(東大新領域)○日高悠太・眞弓皓一・姜嵐・横山英明・伊藤耕三
7)ポリロタキサン・クレイナノ粒子混合溶液の構造とダイナミクス
(東大院新領域)○青木岳也・眞弓皓一・前田利菜,横山英明・伊藤耕三
8)グルカンスクラーゼGtfLによる合成多糖の一次構造解析
(京大院農)○浅井慎一・久住亮介・和田昌久・木村恒久
9)NMRによる環状ペプチドの構造解析
(カネカテクノリサーチ)○谷川竜一岩田谷正純
10)13C選択的ラベル化したセルロースIIオリゴマーのNMRによる構造解析
(京大院農)○喜多祐介・久住亮介・和田昌久・木村恒久,(理研・JEOL RESONANCE)西山裕介
11)標準ポリマーのo-ジクロロベンゼン-d4溶液を用いた昇温DOSYの対流抑制
(徳島大院理工)○三谷優太,山本寛生・右手浩一
12)酢酸ビニル-ビニルアルコール共重合体の溶液NMRによる連鎖解析:高磁場NMR,DOSY,Pure Shift NMR
(徳島大院理工)○山本寛生・妹尾美咲,(積水化学工業)日下康成,(徳島大院理工)平野朋広・右手浩一
13)Pure Shift NMRを用いたポリ乳酸およびポリ(N-ビニルピロリドン)の構造解析
(徳島大院理工)○池北尚人・石井雄大・平野朋広・吉田健・右手浩一
14)NMR法による高分子の気体拡散特性の精密評価のための検討
(名工大院工)音野潤哉・○吉水広明
15)ポリフェニレンオキサイドのXe収着に伴う低温可塑化現象のXe-129 NMRによる観察
(名工大院工)○石谷創・吉水広明
16)液晶性ポリエステルが形成する層状構造の永久磁石による磁場配向の固体C-13 NMRによる確認
(名工大院工)○庄司大槻・吉水広明
17)代謝混合物の化学シフト・運動性2次元相関スペクトルの解析技術高度化
(理研)〇伊藤研悟・坪井裕理・伊達康博・菊地淳
18)固体NMR法によるペクチン・アセチル化変異植物バイオマスの構造・運動性解析
(理研)〇松本朋子・小松功典・菊地淳
(コペンハーゲン大)ロレンゾ・フィモグナリ・桜木由美子
19)高分子混合物の多変量解析・機械学習・異種計測データの統合戦略
(理研)〇坪井裕理・林祐志・菊地淳
20)高・低分子混合物NMR解析支援ツールInterSpin
(名大院生命農)〇山田隼嗣
(理研)伊藤研悟・黒谷篤之 ・山田豊 ・菊地淳
(新潟国情大)近山英輔
21)飼料中高分子成分の魚類代謝評価
(理研)〇坂田研二・朝倉大河・菊地淳
22)魚類多様性における筋肉代謝物・運動性の比較解析
(理研)〇魏菲菲・坂田研二・朝倉大河・菊地淳
23)緩和減衰曲線の機械学習に基づく魚肉特性評価
(理研)○伊達康博・ 坪井裕理・清水智子・ 坂田研二・ 菊地淳
受付期間 2018年02月07日〜2018年05月08日
参加要領 1)定員 研究会100名、
2)参加費(税込) @企業 5,400円 A大学・官公庁 3,240円 B学生 2,160円 C名誉・終身・フェロー・ゴールド・シニア会員 2,160円 DNMR研究会メンバー 無料
3)申込方法 Webにて申込後、参加費を5月末までにご送金下さい。参加証、請求書(希望者のみ)を送付いたします。参加費の当日のお支払いはご遠慮ください。
5)振込先:
 銀行振込<三菱UFJ銀行 銀座支店 (普通) 1126232 名義 公益社団法人 高分子学会>
 郵便振替<00110-6-111688 名義 公益社団法人高分子学会>

振込み手数料は振込人にてご負担くださいますようお願いいたします。

問合先 公益社団法人高分子学会 18-1NMR研究会係
〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6F
TEL 03-5540-3771  FAX 03-5540-3737

※プログラムは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
※Webでのお申し込みは5月8日(水)午前中までとさせていただきます。以降は上記宛お問い合わせ下さい。