申込受付を終了いたしました。(行事一覧へ)
11-4ポリマーフロンティア21
プリンタブルエレクトロニクス
趣旨 印刷をキー技術とするプリンテッドエレクトロニクスは、省エネルギー・低環境負荷、廃棄物低減、大幅なコストダウンが可能なプロセス革新技術として、近年、注目を集めています。本講演会では、有機半導体デバイス、有機太陽電池、フレキシブルディスプレイやOLED照明等をターゲットとしたプリンテッドエレクトロニクス分野における高分子材料への期待、市場ニーズ、技術動向に関して、ご講演いただきます。
主催 高分子学会 行事委員会
協賛 日本化学会
開催日 2011年11月04日 10:20〜17:30
開催場所 東工大蔵前会館 ロイアルブルーホール
目黒区大岡山2-12-1

交通 東急目黒線・東急大井町線 大岡山駅下車徒歩約1分
プログラム <10:20-11:20>
1.プリンテッド・エレクトロニクスをめぐる国内外の技術開発
(大阪大学産業科学研究所)菅沼 克昭

今日、世界中でプリンテッド・エレクトロニクス技術開発に拍車が掛けられているが、国内外の技術開発の概要を紹介し、その上でインク技術、プロセス技術をまとめる。また、今後の技術開発のあり方に関して総括する。

<11:20-12:20>
2.フレキシブルディスプレイを実現するプリンテッド有機TFT
(凸版印刷)喜納 修

フレキシブルディスプレイを駆動する背面版TFTの印刷法による形成技術について紹介する。特に既存製品と同等の解像度のパターニングが可能なマイクロコンタクト印刷などの最新の印刷技術を中心として紹介を行う。

<13:20-14:20>
3.ナノ構造酸化亜鉛電極を用いた軽量低価格フィルム型太陽電池
(岐阜大学)吉田 司

水溶液からの電解析出や印刷法などの低温製膜法によって、高性能な酸化亜鉛ナノ構造電極を得ることが出来る。Roll to Rollプロセスによる安価な高速連続生産を可能とし、軽量、フレキシブル、カラフルで用途や設置の自由度が高いフィルム型太陽電池の研究開発について、その技術基礎と最新動向を解説する。

<14:20-15:20>
4.プリンタブルエレクトロニクス スクリーン印刷メーカーとしての取り組み
(東海商事)小林 大介

エネルギーデバイス(各種発電デバイス及び二次電池)と携帯端末(スマートフォン及び新しい端末iPadなど)業界が盛況である。これらの製品に必要な電子部品(抵抗・キャパシタ・インダクタ・センサーなど)も順調に需要が伸びている。課題はコストと品質である。課題解決のプロセス技術として印刷が注目されていると実感している。印刷で回路(導体)、半導体膜、絶縁層を積層していくことができればアディティブ工法となり、無駄の少ない低コスト製造プロセスとなる。
プリンテッドエレクトロニクス市場においては、それぞれ固有の顧客要求品質、制約条件がある。現在、弊社ではスクリーン印刷装置・原版メーカーとして印刷技術がプロセス技術としてより多くの業界で活用され、さらなる技術革新を実現できるようにするために課題解決のための具体的なアクションを行なっている。いくつかの事例を通してプロセス技術としての可能性と課題を実感いただければと思う。

<15:30-16:30>
5.高性能半導体ポリマーの開発
(広島大学)尾坂 格・瀧宮 和男

本講演では、有機トランジスタや有機薄膜太陽電池を指向した半導体ポリマー材料の開発について紹介する。高性能化に向けた材料の分子設計について、低分子とポリマーとの違いも含めて議論する。

<16:30-17:30>
6.オール印刷型有機TFTの低温作製技術
(山形大学大学院)時任 静士

将来のフレキシブルエレクトロニクス実現には、プラスチックフィルム上への有機TFTの集積化が重要な技術となる。本講演では、有機TFTの電極、ゲート絶縁層、有機半導体層等のすべての部分を低温の印刷法で作製するための要素技術とその特性について紹介する。
受付期間 2011年08月05日〜2011年11月03日
参加要領 1) 定員100名
2) 参加費 @企業21,000円
      A大学・官公庁10,500円 
      B学生 1,050円
      C名誉・終身・フェロー・ゴールド会員・シルバー会員3,150円

年会費制会員※1)の団体からのご参加は、何名様でも割引料金となります。
       a) 会社16,800円 b) 大学・官公庁8,400円
※1)詳細はhttp://www.spsj.or.jp/c18/nenkaihisei.html をご覧下さい。

3) 申込方法 本サイトよりお申込み下さい。随時、参加証と請求書を送付いたします。

4) 参加費の支払い 請求書到着後11月末日までにお願いします。
  銀行・郵便振替の領収をもちまして本会からの領収書とさせていただきます。
   振込先銀行:三菱東京UFJ銀行 銀座支店 (普通) 1126232 社団法人高分子学会
   郵便振込:00110-6-111688 社団法人高分子学会

5) その他 演題・講演者は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

申 込 先 (社)高分子学会 11-4ポリマーフロンティア21係
〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6F
TEL 03-5540-3770 FAX 03-5540-3737