申込受付を終了いたしました。(行事一覧へ)
11-1超分子研究会
生物に迫る超分子
趣旨  セルロースやタンパク質、DNAなどの天然高分子は、水素結合やπ-π相互作用、疎水性相互作用などの非共有結合によって特異な高次構造を形成し、特有の機能を発現しています。人工の低分子や高分子についても、それら生物の特徴に学ぶことにより、非共有結合を介して相互作用した数々の超分子集合体が報告されてきています。さらに最近では、よくデザインされた原料、天然由来の原料などを用いることで、二重らせんやネットワークなど、従来知られていなかったような新しい超分子集合体や、より精密な超分子集合体の構築なども達成されています。
以上のように、「生物に学ぶ」ことから始まった超分子化学は「生物に迫る」レベルにまで発展しようとしてきています。今回は、「生物に迫る」をキーワードに、現在第一線でご活躍されておられる若手の先生方にご講演をお願いしました。
主催 日本化学会
開催日 2011年05月16日 13:30〜16:50
開催場所 東京工業大学大岡山キャンパス西8号館E棟10階情報理工学研究科大会議室
目黒区大岡山2-12-1

交通 東急大井町線・目黒線「大岡山」下車 徒歩4分
プログラム <13:30〜13:35> はじめに
<13:35〜14:20>
1. 「高度に組織化された色素集合体:ナノ構造制御と刺激応答特性」
(千葉大学大学院工学研究科)矢貝 史樹

<14:20〜15:05>
2. 「新規なナノ材料としての生体分子」
(東京大学先端科学技術研究センター)芹澤 武

<15:05〜15:20> コーヒーブレイク
<15:20〜16:05>
3. 「スピロアート型シクロファンの合成と超分子高次構造体構築への利用」
(甲南大学理工学部)檀上 博史

<16:05〜16:50>
4. 「人工二重らせん超分子の構築と機能」
(名古屋大学大学院工学研究科)古荘 義雄

受付期間 2011年02月22日〜2011年05月13日
参加要領 1) 定員70名
2) 参加費 @企業3,150円 A大学・官公庁2,100円 B学生1,050円 C終身・名誉・フェロー・ゴールド・シルバー会員 1,050円 D超分子研究会メンバー無料
3) 申込方法 WEBにてお申込の上、参加費を5月末までに送金下さい。
参加証、請求書(希望者のみ)を送付いたします。
4) 振込先:銀行振込<三菱東京UFJ銀行 銀座支店 (普通) 1126232 名義(社)高分子学会>
郵便振替<00110-6-111688  名義(社)高分子学会>
5)その他:演題・講演者は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

問合先 〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル (社)高分子学会
11-1超分子研究会係 TEL 03-5540-3770 FAX 03-5540-3737

※Webでのお申し込みは5月13日(金)午前までとさせていただきます。以降は上記宛お問い合わせ下さい。