申込受付を終了いたしました。(行事一覧へ)
10-1高分子ナノテクノロジー研究会
エネルギー分野における高分子ナノテクノロジー
趣旨 電池を中心としたエネルギー分野はグリーンイノベーションの中核技術として注目を集めており、高分子のナノ構造制御を活用した高分子ナノテクノロジーもその中で重要な役割を果たしつつありますが、この分野における高分子ナノテクノロジーの現状及び今後の動向・期待を展望するため本主題の研究会を企画しました。実用化が進むリチウムイオン電池への応用展開や、グリーンなエネルギーを生み出す太陽電池や燃料電池における材料開発、更に将来のユビキタス電源としてエネルギー・ハーベスティング(環境発電)へ向けたエネルギー変換材料の基礎研究に至る幅広い内容の講演をいただきますので、多くの方のご来聴をお待ちいたしております。
主催 高分子学会 高分子ナノテクノロジー研究会
協賛 日本化学会
開催日 2010年06月24日 10:20〜16:50
開催場所 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 第一会議室
東京都江東区青海2-3-26

交通 東京臨界新交通ゆりかもめ 「テレコムセンター」または「船の科学館」 下車徒歩約4分
プログラム <10:20-11:20>
1)有機薄膜太陽電池における高分子ナノ構造制御
(東京大学大学院工学系研究科)但馬 敬介

<11:25-12:25>
2)色素増感太陽電池の開発
((株)豊田中央研究所)元廣 友美

<13:30-14:30>
3)カーボンアロイ触媒の開発
(東京工業大学大学院理工学研究科)柿本 雅明

<14:35-15:35>
4)高分子の熱電材料としての可能性
(物質・材料研究機構)篠原 嘉一

<15:50-16:50>
5)リチウムイオン電池における高分子材料の役割
(日本ゼオン(株))脇坂 康尋



※演題・講演者は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
受付期間 2010年03月18日〜2010年06月23日
参加要領 1)定員100名

2)参加費(税込)
 @企業5,250円 
 A大学・官公庁3,150円 
 B学生2,100円 
 C名誉・終身・フェロー・ゴールド会員・シルバー会員2,100円 
 D高分子ナノテクノロジー研究会メンバー無料

3)申込方法  本サイトよりお申込いただき、参加費を6月末までにご送金ください。
       申込受付後、参加証と請求書(希望者のみ)を順次送付いたします。

4)振込先 銀行振込<三菱東京UFJ銀行銀座支店 普通預金1126232(社)高分子学会> 
      郵便振替<00110-6-111688(社)高分子学会>
      振込手数料は申込者にてご負担くださいますようお願いいたします。
      銀行・郵便振替の領収書をもって本会からの領収書とさせていただきます。


申込先 
 (社)高分子学会 10-1高分子ナノテクノロジー研究会係
  〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6F 
  電話03−5540−3771 FAX03−5540−3737
  URL http://www.spsj.or.jp/