申込受付を終了いたしました。(行事一覧へ)
09-1高分子エレクトロニクス研究会
フレキシブル表示デバイスの進展
趣旨 表示デバイスは、情報を的確に伝えるman−machineインターフェイスとして、生活の様々な空間において活用されています。特にユビキタス社会の構築に伴うポータブル機器の需要は表示デバイスの分野も刺激しており、太陽光外部環境下でも明瞭に見えるフレキシブルな反射型ディスプレイの開発が期待されております。
本研究会では、電子ペーパーへの展開も期待されるフレキシブル反射型表示デバイスの注目技術について、最先端研究開発動向を講師の先生方に講演いただくと同時に、今後の研究開発動向を展望します。
今後のフレキシブル表示デバイスの展開に興味のある方々はぜひ参加いただき、議論に加わっていただきたいと思います。

主催 高分子学会 高分子エレクトロニクス研究会
協賛 応用物理学会 電気化学会 電気学会 電子情報通信学会 日本化学会
開催日 2009年06月17日 13:00〜16:50
開催場所 千葉大学自然科学系総合研究棟2階マルチメディア講義室
千葉市稲毛区弥生町1-33
(http://www.chiba-u.ac.jp/general/about/map/nishichiba.html, 図中20番の建物)
交通 JR総武線西千葉駅下車徒歩5分
総武線(快速)を利用する場合は、JR稲毛駅で総武線(普通)に乗換するのが便利です。
プログラム 13:00〜13:55
1.粒子移動型電子ペーパー技術の現状
               (千葉大院融合科学) 北村 孝司

13:55〜14:50
2.電子粉流体を用いた電子ペーパーQR−LPD
               (ブリヂストン) 増田 善友

15:00〜15:55
3.液晶を用いた動画用フレキシブルディスプレイ
               (NHK) 藤掛 英夫

15:55〜16:50
4.有機薄膜トランジスタとフレキシブルデバイスへの応用
               (千葉大院工) 工藤 一浩

受付期間 2009年03月17日〜2009年06月16日
参加要領 1) 定員 60名 
2) 参加費(税込)
  企業 3,150円 大学・官公庁 2,100円 学生 1,050円
  名誉会員・終身会員・フェロー・ゴールド会員・シルバー会員 1,050円
  高分子エレクトロニクス研究会メンバー 無料
3) 申込方法
  Webにて申込の上、参加費を6月末日までにご送金ください。
  参加証、請求書(希望者のみ)を順次配布いたします。
4) 振込先
  銀行振込<三菱東京UFJ銀行 銀座支店 (普通) 1126232 (社)高分子学会>
  郵便振替<00110-6-111688 (社)高分子学会>
  ※振込手数料は振込人にてご負担くださいますようお願いいたします。

問合先
  (社)高分子学会 高分子エレクトロニクス研究会係
   〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6F
   電話 03−5540−3771  FAX 03−5540−3737

※Webでのお申し込みは6月16日(火)午前までとさせていただきます。
 以降は上記宛お問い合わせください。