会員番号、パスワードが必要です。
会員登録情報が自動的にセットされます

17-1高分子表面研究会
機能性表面の創出の最前線
趣旨 機能性高分子材料の接着・撥水・剥離・帯電・摩擦などさまざまな機能は、高分子の表面・界面の構造に関与しますが、バルクとは異なる構造・物性を示します。これら機能を積極的に活用した研究や材料開発が近年盛んに行われ、各種接着剤からナノ粒子デバイス、低摩擦表面や再生医療における足場材料等に至るまで幅広く応用されています。そこで、今回の研究会では同分野の研究や材料開発で活躍されております先生方を講師にお迎えし、機能性表面の創出の最前線について解説していただきます。多数のご参加をお待ち致しております。
主催 高分子学会 高分子表面研究会
協賛 日本化学会 日本接着学会 日本表面科学会 繊維学会 応用物理学会他(予定)
開催日 2018年01月26日 10:00〜17:00
開催場所 東京理科大学 森戸記念館 第1フォーラム
東京都新宿区神楽坂4-2-2

Tel:03-3260-4271
交通 JR総武線、地下鉄有楽町線・東西線・南北線 飯田橋駅下車 徒歩10分、
都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅 徒歩10分
プログラム <10:00〜10:05> 開会の挨拶
<10:05〜10:55>
1.ビニル高分子の界面設計と機能化展開
(九州大学)織田 ゆか理

<10:55〜11:45>
2.自己組織化ペプチドによる2 次元ナノシートのバイオ電子界面制御
(東京工業大学)早水 裕平

<12:50〜13:40>
3.振動分光法で観た高分子−水系・高分子界面の水構造
(富山大学)源明 誠

<13:40〜14:30>
4.ナノ粒子界面構造設計による挙動制御
(東京農工大学)神谷 秀博

<14:45〜15:35>
5.粘着材、剥離材表面分析における原子間力顕微鏡の応用
(リンテック)宮田 壮

<15:35〜16:25>
6.DLCと環境調和型潤滑剤との組み合わせによる超低摩擦特性
(技術コンサルタント(元日産))加納 真

<16:25〜16:55> 質問コーナー
<16:55〜17:00> 閉会挨拶   
受付期間 2017年11月07日〜2018年01月25日
参加要領 1) 定員      80名 
2) 参加費(税込) @企業5,400円 A大学・官公庁3,240円 B学生2,160円 C名誉会員・終身会員・フェロー・ゴールド会員・シニア会員2,160円 D 高分子表面研究会メンバー無料
3)申込方法 本サイトよりお申込みいただき、参加費を1月末までにご送金ください。申込受付後、参加証と請求書(希望者のみ)を順次送付いたします。
4) 振込先 銀行振込:三菱東京UFJ銀行銀座支店(普) 1126232 名義:公益社団法人高分子学会
郵便振替:00110-6-111688  名義:公益社団法人高分子学会

※振込手数料は申込者にてご負担くださいますようお願いいたします。銀行・郵便振替の領収書をもって本会からの領収書とさせていただきます。

※プログラムは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

申込先 高分子学会 17-1高分子表面研究会係
104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6F
電話03−5540−3771  Fax03−5540−3737