会員番号、パスワードが必要です。
会員登録情報が自動的にセットされます

精密ネットワークポリマー研究会第11回若手シンポジウム(発表募集)
趣旨  高分子材料の物性機能は,分子構造のみならず,分子鎖間に働く多様な相互作用,階層的な高次構造,他の物質界面との相互作用など,数多くの相互作用や構造と密接な関係にあります.とりわけ,ネットワーク構造を含むポリマーは多様で複雑な分子間相互作用を備えており,諸物性に大きく影響を与えることが知られています.しかしながら,その詳細が未だ明らかになっていないことが多くあります.本シンポジウムでは,ネットワーク構造を軸とする高分子材料,また広く高分子科学の基礎研究を対象とした研究者の招待講演と一般研究発表を行います.
精密ネットワークポリマー研究会「若手シンポジウム」は,ネットワークポリマーの合成・構造解析・物性・機能等の研究にたずさわる学生,また大学・企業の若手研究者の皆様が一堂に会し,研究発表と活発な討論の場を提供することを目的としています.一般研究発表はポスター形式で行い,既発表の内容を題材にしていただくことも可能です.皆様の積極的な応募をお願いいたします.また,ポスター発表会の後にはミキサーを予定しています.同じ分野で活動する同世代の皆様が情報交換する場として,また研究の夢や希望について語る場としてご活用頂ければと思います.
主催 高分子学会精密ネットワークポリマー研究会
開催日 2018年03月19日 13:00〜16:30
開催場所 東京工業大学 大岡山キャンパス 蔵前会館ロイアルブルーホール


交通 東急目黒線/大井町線 大岡山駅下車 徒歩1分
プログラム <13:00〜14:20>招待講演 40分/件
1)ソフトマテリアルが織りなすフォトニックデバイス
(東京理科大学)古海 誓一
   
2)精密に構造制御された高分子ゲルの構造と物性
(東京大学)酒井 崇匡
   
<14:30〜16:30>ポスター発表
(奇数番号):14:30〜15:30/(偶数番号):15:30〜16:30
<16:30〜17:45>ポスター賞表彰・ミキサー
受付期間 2017年08月02日〜2017年12月06日
参加要領 [1]研究発表募集分野 
1.基礎 a) 合成、b)硬化機構、c)構造、 d)機能、e)物性、f)分析・評価
2.応用 g) 複合材料分野 h) 塗料・接着剤分野 i) 電気・電子部品分野 j) 光学材料分野 k) その他の分野 

[2]研究発表形式 
ポスター発表のみ(既発表内容を含んでもよい。)
ポスターサイズA0縦(841mm×1189mm
               
[3]研究発表募集締切 12月6日(水)
[4]研究発表申込方法 
発表者本人がお申込ください。
なお、以下の情報が必要になります。
@発表分野(a〜k)A研究発表題目 B所属・研究者名 C200字程度の要旨 D連絡先(氏名・住所・電話・e-mailなど)
プログラム編成は運営委員会にご一任下さい。
(上記サイトによるお申込後、自動受理確認メールが届きます。届かない場合は下記までお問い合わせ下さい。)

[5]原稿締切 
2月9日(金)
A4判用紙1ページに@目的A方法B結果の順にまとめて下さい。

[6]ミキサー開催
シンポジウム終了後 一般 1,000円 学生500円

[7]参加要領 
本討論会は全員登録制です。発表者および共同研究者で本討論会に出席される方は、必ず参加登録を行ってください。詳細はホームページ並びに「e!高分子」2月号に掲載します。

[8]参加費
2)参加費 @企業・大学・官公庁 4,320円
A精密ネットワークポリマー研究会メンバー 3,240円
B学生 2,160円 C名誉・終身・フェロー・ゴールド・シニア会員 2,160円

[9]連絡先・原稿提出先
〒104-0042東京都中央区入船3-10-9新富町ビル 
公益社団法人 高分子学会 精密ネットワークポリマー研究会 第11回若手シンポジウム係
TEL 03-5540-3770 FAX 03-5540-3737