申込受付を終了いたしました。(行事一覧へ)
ゲルワークショップ イン 松山
高分子ゲル研究の未来
趣旨 1986年に設立した高分子ゲル研究会は、今年で発足31周年になります。高分子ゲルの基礎研究および応用研究は、日本が牽引する研究の一つであり、高分子ゲル研究会も研究の発展に大いに貢献してきました。今回のゲルワークショップでは、総勢13名の講師を迎え、研究会の30年のながれを振り返り、今後のさらなる発展について議論する場にしたいと思います。高分子ゲルの研究における未来のリーダーが生まれるきっかけになることを期待しています。
主催 高分子学会 高分子ゲル研究会
開催日 2017年09月22日〜2017年09月24日
開催場所 にぎたつ会館/メルパルク松山
にぎたつ会館(講演会場)松山市道後姫塚118-2
メルパルク松山(宿泊)愛媛県松山市道後姫塚123-2
交通 道後温泉駅[出口]から徒歩約5分
プログラム 第1日 : 9月22日(金)
1)<17:00〜17:40>
高分子ゲルの基礎と応用(入門編)〜ワンポイントシリーズ「高分子ゲル」の行間を読む
(関西大)宮田 隆志

<19:00〜21:00> ポスターセッション

第2日 : 9月23日(土)
2)<9:00〜9:40>
環動性架橋を施したソフトマテリアル
(東大)伊藤 耕三

3)<9:40〜10:20>
レドックスインジェクタブルゲルの設計と評価
(筑波大)長崎 幸夫

4)<10:30〜11:10>
二軸伸長挙動からみたゲル・エラストマーの力学
(京都工繊大)浦山 健治

5)<11:10〜11:50>
生体分子モーターを用いた動的自己組織化研究とその活用法について
(北大)角五 彰

6)<14:00〜14:40>
精密ラジカル重合を活用した高分子ゲルの構造設計
(滋賀県立大)伊田 翔平

7)<14:40〜15:20>
ハイドロゲルの設計・制御による医療材料の創製          
(東大)酒井 崇匡


8)<15:30〜16:10>
ソフト微粒子の界面現象
(信州大)鈴木 大介

9)<16:10〜16:50>
イオン液体を含むソフトマテリアル
(横国大)渡邊 正義

<19:00〜21:00> 情報交換会(定員に達した為申込を締切ました)

第3日 : 9月24日(日)
10)<9:00〜9:40>
可逆的な結合を駆使した超分子材料の機能創製
(阪大)高島 義徳

11)<9:40〜10:20>
ブロック共重合体超分子ソフトマテリアル
(名大)野呂 篤史

12)<10:30〜11:10>
強磁場下で作る異方的ソフトマテリアル -コロイドからヒドロゲル、エアロゲルまで-
(理研)石田 康博

13)<11:10〜11:50>
タンパク質を模倣したナノゲルの機能設計
(九大)星野 友

<12:00>解散
受付期間 2017年07月31日〜2017年08月10日
参加要領 1) 定員50名
2) 参加費@企業 16,200円 A大学・官公庁 7,560円 B学生3,240円
C名誉・終身・フェロー・ゴールド・シニア会員 3,240円 D高分子ゲル研究会メンバー 無料

3) 宿泊費 (2泊2朝食、相部屋) 15,000円

4) 申込締切 8月10日(木)
 ※情報交換会は定員に達したため申込を締切ました。7/27

5) 申込方法 WEBにてお申込後、参加費・宿泊費を9月末日までにご送金下さい。9月上旬に、参加証、請求書(希望者のみ)を送付いたします。
開催当日のお支払いはできません。お振込みをお願いいたします。

6) 振込先:
銀行振込<三菱東京UFJ銀行 銀座支店 (普通) 1126232(公社)高分子学会>
郵便振替<00110-6-111688(公社)高分子学会>
振込手数料は振込人にてご負担くださいますようお願いいたします。
銀行・郵便振替の領収書をもちまして本会からの領収書にかえさせていただきます。

7) その他:演題・講演者は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
     部屋割りは高分子ゲル研究会運営委員会に一任ください。

申込先 〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル (公社)高分子学会
ゲルワークショップ イン 松山 係 TEL 03-5540-3770  FAX 03-5540-3737