会員番号、パスワードが必要です。
会員登録情報が自動的にセットされます

第61回プラスチックフィルム研究会講座
フィルム材料のイノベーションと新たな展開
趣旨  フィルム材料は、産業の発展、進化に伴い様々な進歩を遂げてきたと共に、革新的なフィルム材料により産業が拡大してきました。そして、これからもイノベーションが期待される研究分野です。当研究会は、このようなフィルム素材、高機能化技術、加工技術の進歩に資することを目的に活動を行っています。
 今回は、今後拡大が予測される分野での新たな材料技術、加工技術、用途展開について、第一線でご活躍されている先生方をお招きし、ご講演いただきます。関連する分野に携わっておられる、また、ご興味のある方々のご参加と活発な議論をお待ちしています。

主催 高分子学会 プラスチックフィルム研究会
協賛 応用物理学会 化学工学会 画像電子学会 電気学会 電気化学会  日本印刷学会 日本化学会 日本合成樹脂技術協会 日本農芸化学会  プラスチック成形加工学会 日本材料学会 日本分析化学会(予定)
開催日 2017年10月19日 10:20〜16:40
開催場所 東京工業大学大岡山キャンパス西9号館コラボレーションルーム
目黒区大岡山2-12-1

交通 東急目黒線・東急大井町線 大岡山駅下車 徒歩3分
(http://www.titech.ac.jp/about/campus/index.html参照)
プログラム
10:20〜11:20 1. 自動車の内外装加飾部品とディスプレイ周りに用いられるフィルム
               (日産自動車)小松  基

11:20〜12:20 2. 有機EL用フィルムの開発について
               (JXTGエネルギー)鳥山 重隆

13:30〜14:30 3. 透明バリアフィルムGL BARRIERの展開
               (凸版印刷)山本 俊巳

14:40〜15:40 4. 幅広いバリエーションのイージーピールフィルム
               (デュポン)半田 昌史

15:40〜16:40 5. Tダイ法によるペーパーライク素材『LIMEX』
               (TBM)黒木 重樹


受付期間 2017年06月27日〜2017年10月18日
参加要領 1) 定員 70名
2) 参加費 
  企業14,040円、大学・官公庁5,400円、学生 2,160円
  名誉・終身・フェロー・ゴールド会員・シニア会員 2,160円
  (プラスチックフィルム研究会メンバー 企業10,800円、大学・官公庁4,320円)
3) 申込方法 
  WEBにてお申込の上、参加費を10月末日までにご送金ください。
  参加証、請求書(希望者のみ)を順次配布いたします。
4) 振込先
  銀行振込
   <三菱東京UFJ銀行 銀座支店 (普通) 1126232 公益社団法人 高分子学会>
  郵便振替
   <00110-6-111688 公益社団法人 高分子学会>
  振込手数料は振込人にてご負担くださいますようお願いいたします。
※プログラムは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。