会員番号、パスワードが必要です。
会員登録情報が自動的にセットされます

17-2フォトニクスポリマー研究会
IoT、センサーとフォトニクスポリマー
趣旨  すべてのものがインターネットに繋がるIoT社会がすぐそこまで来ています。IoT社会を実現していく上で、生体情報、イメージや画像情報をセンシングするセンサーの役割と機能は重要です。また、身近なモビリティーである自動車もライドシェア、コネクテッド、自動運転へとその使い方が変化し、車そのもののサービス化が進んでいくように感じます。
本研究会では、センサー分野でご活躍の講師の先生方に社会変化と先端技術開発の関係の一端を語っていただき、フォトニクスポリマーとの融合を模索し異業種交流を進めていきたいと考えます。どうぞ、奮ってご参加ください。

[キーワード]
センサー、IoT、フレキシブルデバイス、MEMS、CMOS、自動運転

主催 高分子学会 フォトニクスポリマー研究会
協賛 応用物理学会 日本化学会 プラスチック成形加工学会
開催日 2017年10月26日 13:30〜17:20
開催場所 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペース
横浜市港北区日吉4-1-1
(http://www.keio.ac.jp/access/hiyoshi.html参照)
交通 東急東横線 日吉駅下車(徒歩1分) ※日吉駅に特急は停まりません。
http://www.keio.ac.jp/access/ac_hiyoshi.html参照
プログラム <13:30−14:30> 基調講演
1)MEMSセンサとそのIoT/医療健康分野への応用
           (兵庫県立大学大学院) 前中 一介
<14:30−15:30> 基調講演
2)CPS(IoT) Explosion 〜CMOSセンサーの最新動向〜
           (ソニーセミコンダクタマニュファクチュアリング) 上田 康弘
<15:40−16:30> 
3)IoT社会を実現するフレキシブルデバイス
           (産業総合技術研究所)吉田  学
<16:30−17:20>
4)自動運転と材料技術開発戦略
           (AeroEdge) 水田 和裕


受付期間 2017年06月20日〜2017年10月25日
参加要領 1) 定員 60名 
2) 参加費(税込)
  企業 5,400円 大学・官公庁 3,240円 学生 1,080円
  名誉会員・終身会員・フェロー・ゴールド会員・シ二ア会員 1,080円
  フォトニクスポリマー研究会メンバー 無料
3) 申込方法
  Webにてお申込の上、参加費を10月末日までにご送金ください。
  参加証、請求書(希望者のみ)を順次配布いたします。
5) 振込先
  銀行振込
   <三菱東京UFJ銀行 銀座支店 (普通) 1126232 公益社団法人 高分子学会>
  郵便振替
   <00110-6-111688 公益社団法人 高分子学会>
  ※振込手数料は振込人にてご負担くださいますようお願いいたします。
  ※プログラムは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

問合先
   高分子学会 フォトニクスポリマー研究会係
   〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6F
   電話 03−5540−3771  FAX 03−5540−3737

※Webでのお申し込みは10月25日(水)午前までとさせていただきます。
 以降は上記宛お問い合わせください。