申込受付を終了いたしました。(行事一覧へ)
16-2NMR研究会
最新の多核NMR
趣旨 申込ページが移動になりました。

http://www.spsj.or.jp/entry/annaidetail.asp?kaisaino=1183

 近年、イオン移動を利用する電池材料や先端機能性ガラス、ナノ空間を持つ特殊高分子等の多核元素を含む材料化学において、NMR法の応用が重要視されてきています。特に多核NMR法が注目されておりますが、当研究会では2007年と2009年にそれぞれ「MQ-MAS および多核NMR」「多核NMR−1H, 13C以外の核種で何が見えるか」と題して研究会を開催し、いち早く議論してきました。今回は、ここ数年でより進歩した多核NMR法の測定技術や応用法、およびその重要性に再度フォーカスしたいと思います。多種多様な分析・解析技術が存在する中、NMR法はそれぞれの測定試料に対して目的に応じた最適な測定手法をデザインできる点で稀代な分析手法であり、分子レベルにおける構造解析のみならず分子運動性を含め、他の分析方法では決して得ることのできない貴重な電子・分子の構造や特性情報を取得することが可能です。今回の16−2研究会では、研究分野にこだわらず、種々の材料の構造解析に広く多核NMR法を応用して活躍されている先生方にご講演いただきます。多核元素を含む材料の研究開発に携わっている方々、また本研究分野内外でNMR法の活用方法に興味をお持ちの方々に多数お集まりいただき、NMR法がこの分野においてどのように飛躍しているのか、活発な討論を行いたいと思います。奮ってご参加下さい。
主催 高分子学会 NMR研究会
協賛 (予定)日本化学会 日本核磁気共鳴学会 日本分析化学会
開催日 2016年12月02日 09:55〜16:25
開催場所 積水化学工業(株) 京都研究所 講堂
京都市南区上鳥羽上調子町2番地2
http://www.sekisui.co.jp/kyoto/gaiyo/index.html
交通 近鉄京都線十条駅より徒歩10分、JR京都駅よりタクシーで約15分
プログラム < 9:55〜10:00> 開会挨拶 担当運営委員 百瀬 陽(株)MCHC R&Dシナジーセンター)
<10:00〜11:00>
1.無機固体におけるアルカリ金属イオンの構造解析
滋賀大学 徳田 陽明

<11:00〜12:00>
2.可変型超伝導磁石を用いた固体硫黄NMRの新展開
高知大学 山田 和彦

<12:00〜13:00> 昼休み
<13:00〜14:00>
3.多核固体NMRの方法 −四極子核を中心としてー
産業技術総合研究所 高橋 利和

<14:00〜15:00>
4.リチウムイオン二次電池材料の固体NMR解析
東芝ナノアナリシス株式会社 小口 雅之

<15:00〜15:20> コーヒーブレイク
<15:20〜16:20>
5.多孔性配位高分子の多核NMR
徳島大学 犬飼 宗弘

<16:20〜16:25> 閉会挨拶 委員長 浅野 敦志 (防衛大学校)
受付期間 2016年09月07日〜2016年11月22日
参加要領 1)定員 200名(定員になり次第、締め切らせていただきます。
2)参加費(税込) @企業 5,400円 A大学・官公庁 3,240円 B学生 2,160円 B名誉・終身・フェロー・ゴールド・シニア会員 2,160円 CNMR研究会メンバー 無料
3)弁当代 1,000円(税込) ※完全予約制、11/22申込締切 会期当日お支払いください。付近には食堂が少ないのでご持参されるか、弁当の予約をお勧めします。

4)申込方法 Webにて申込後、参加費を12月末までにご送金下さい。参加証、請求書(希望者のみ)を送付いたします。
5)振込先:
 銀行振込<三菱東京UFJ銀行 銀座支店 (普通) 1126232 名義 公益社団法人 高分子学会>
 郵便振替<00110-6-111688 名義 公益社団法人高分子学会>

振込み手数料は振込人にてご負担くださいますようお願いいたします。

問合先 公益社団法人高分子学会 16-2NMR研究会係
〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6F
TEL 03-5540-3771  FAX 03-5540-3737

※プログラムは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
※Webでのお申し込みは12月1日(木)午前中までとさせていただきます。以降は上記宛お問い合わせ下さい。